日常的な摂取

ヨーグルトに含まれる乳酸菌

ヨーグルトを食べることで様々な良い効果が得られるのですが、そのことについて詳しく説明します。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌はメーカーごとに違いはありますが、以下のような利点があります。
まず腸内環境が良くなることから便秘改善につながり、ニキビや肌荒れが無くなるのでかなりの美肌効果が期待できるでしょう。
便秘が解消することで気持ちが軽くなるので、イライラした気持ちの荒れた状態も和らいでくるのです。

それから乳酸菌の入ったヨーグルトには菌の種類によって免疫力向上の効果も得られるのでウイルスに強くなりますね。
身体の免疫力が上がればインフルエンザや風邪にかかりにくく、強い身体が作れます。
更に乳酸菌には脂肪燃焼を促進してくれる効果もありますから、ヨーグルトという食品はダイエットにも良いと言われます。
また、LG21という乳酸菌はピロリ菌を減らすので、胃潰瘍や胃炎、胃がんのリスクを減少することが出来ます。

病院ではピロリ菌を殺す抗生物質などもありますが、他の良い菌も殺す上に下痢にもなりやすいようです。
ヨーグルトに入っているLG21はお腹に優しい乳酸菌として有名なので、下痢などを引きこす可能性の高い通常の抗生物質よりも、LG21ヨーグルトでピロリ菌を撃退できるなら安心ですね。
それからビフィズス菌という菌は生きたまま腸まで届くことで知られていますが、ヨーグルトにもこのビフィズス菌が使われていますね。

乳酸菌を摂取することでウイルス細胞をやっつけ、続ければ体内のナチュラルキラー細胞を活性化させることができるのです。
ナチュラルキラー細胞とは入ってきた細菌に対し、闘ってくれる大切な細胞の事です。
死滅しても死がいが残って乳酸菌は腸の善玉菌を増やしてくれるので、健康効果は変わりません。
乳酸菌の入ったヨーグルトは病気に立ち向かう効果が強いので、積極的に食べるようにしたいものですね。

MENU