日常的な摂取

乳酸菌の耐熱温度

以前は、熱や酸に弱い乳酸菌が胃酸で溶けてしまい、効果を発揮できないまま消化されてしまうということがよくありました。
そこには乳酸菌の耐熱温度というのが関わってくるのですが、耐熱温度が高ければ高いほど乳酸菌は生きて腸まで届きやすくなると言われています。
乳酸菌が生きて腸まで届けばその効果を存分に発揮してくれますので、何としても強い乳酸菌を取り入れて体の健康に役立てたいものですよね。

乳酸菌の耐熱温度の幅が広ければ広いほど、温めても凍らせてもその成分を死滅させることなく生きて腸まで届かせることができます。
また、酸に強い乳酸菌は冷温にも強いので冷凍庫で凍らせたくらいではビクともせず、フローズンヨーグルトとして食べても成分の摂取が可能なのです。
耐熱温度に高い乳酸菌であればホットヨーグルトなどにして温めても、問題なくその効果を摂取することができ、便秘解消効果も高まります。

一般的にこれらはあまりに温度を上げてしまうと死滅してしまうようですが、42℃~45℃くらいの温度までなら耐えることは出来るのです。
63℃以上で死滅すると言われているので、電子レンジや鍋などで煮え立つようにしないようにしましょう。100℃ならものの数分位で死滅してしまうようです。
つまり、ダイエットで有名になったホットヨーグルトには、胃酸で溶けない強い乳酸菌が使われているのです。

温めすぎなければ問題はありませんので、お腹入った後に乳酸菌の効果を損なう事はありません。
すこしぬるい40℃くらいの適度な温度で、菌を死滅させないようにするれば、冷たいヨーグルトが苦手な方でも食べやすいですね。
ヨーグルトを温めて食べる時などは、温度に気をつけながら摂取するように心がけるようにしてください。

MENU