日常的な摂取

乳酸菌と食物繊維

乳酸菌というのは人間の体にはなくてはならない大切なものですが、食物繊維というのも同じくらい欠かしてはいけない大切なものなのです。
食物繊維が多く入っているものとしてキャベツやレタスにキノコ類が特に有名です。
またこんにゃくなどにも多く含まれており、これらを食べることで食物繊維を多く摂取することができるほか、サプリメントでも簡単にとれるものなのです。

食物繊維と言うのは便秘解消に大きな力をもたらしてくれるので、これに乳酸菌が加われば腸内環境が良くなると考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
そして乳酸菌と食物繊維もとても相性が良く、どちらも人間の体に効果的に働きかけてくれるので両方とることを心掛けましょう。
この2つが力を合わせることによってさらに腸内環境が良くなり、体内が綺麗になることにつながっていくのです。

腸内環境が悪いという事は腸内に生ゴミがずっと溜まっている環境とよく似ていますので、この状態を放っておくと悪玉菌が繁殖してしまいます。
悪玉菌は目に見える悪い効果をもたらすので、できるだけ早く乳酸菌で善玉菌を増やしてあげることが大切です。
積極的に毎日ヨーグルトなどを食べることも大切ですが、食物繊維を多く含むバナナなどと一緒に摂るようにすると更に良いでしょう。
食事の際には食物繊維の入ったレタスをサラダにして必ず食べる習慣にすればなおさら腸の為には良いと思います。

また。水分を多く取るためにも生のキャベツで食べるよりも、キャベツやレタスと鶏肉でスープなどにして食べると美味しいですね。
こうすれば野菜が柔らかくなり生より量を食べられますし、水分と一緒に摂取することができて便秘解消には最適です。
便秘解消にも大変良いので、乳酸菌と食物繊維の両方を多く取ることをお勧めします。

MENU