日常的な摂取

乳酸菌のメカニズム

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やす 役割があって、腸内環境を良好にすることによって健康な体を目指すというのが簡単な仕組みです。
乳酸菌は胃を通過して腸内に届いてから働き出すと言えばわかりやすいでしょうか。
乳酸菌のサプリメントなら胃液で溶けないようなカプセルに入って、腸内まで届くように工夫されているものがほとんどです。
また最近の乳酸菌飲料も胃で消化されずに、生きて腸まで届くタイプが多いため効果が期待できるのです。

体内に取り入れた乳酸菌は善玉菌となって悪玉菌と戦う準備をするのです。
人間の腸内にはものすごい数の悪玉菌が存在しますので、悪玉菌が善玉菌を上回ると便秘状態になってしまいます。
口から摂取した乳酸菌は人間の腸内で善玉菌になりますので、胃酸で溶けない強い乳酸菌を取り入れることをお勧めしたいと思います。

また乳酸菌は腸内の環境を良くしてくれて、体内の免疫力を上げてくれることにもなります。
そして、ウイルスをはねのけて免疫力を上げてくれるのが植物性の乳酸菌です。
動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌、2つとも身体には有効な成分ですから身体と腸の為にはどちらもしっかりとるようにすることをお勧めします。
そうすることで健康的な体を維持できます。
様々な乳酸菌の種類についても参考にご覧ください。

MENU