日常的な摂取

乳酸菌と感染症

感染症というのは、例年秋から冬にかけてのインフルエンザウイルスなど流行を砂も含まれます。
この時期になると医院や会社で予防接種が始まったりというように、様々な予防運動があるのですが、予防接種は誰もが受けるわけではありません。
なにより自分自身の免疫力を高めておけば、予防接種を受けなくても自分の免疫力だけで防げてしまうくらいにだってなれるのです。
まずは乳酸菌をたくさん体内に取り入れて、自分の体の免疫力を上げておくことも視野に入れるといいでしょう。

感染の可能性として、買い物に行った時など人ごみで風邪をひいていて咳やくしゃみをしている人が周りにいるとうつる危険があります。
そして、自分がマスクをしていなかったり、免疫力が低かったりすればうつってしまう可能性が大きいのです。
また、家族や職場にインフルエンザの人がいると、ウイルスが撒き散らされてしまうので自宅で静養してもらうようにするほうが良いでしょう。
人が多い場所には健康な人ばかりでなく、目に見えないウイルスによって一気に多くの人にうつるのでマスクは必ず着用したほうが良いでしょう。

このような感染症を防ぐためには生きて腸まで届くタイプの乳酸菌の入ったヨーグルトなどを毎日摂取すると有効で、風邪をひきにくくする効果を更に期待できます。
たとえばシロタ株というのはとても強い乳酸菌の部類に当たりますので、風邪などの感染症予防にはうってつけで、生きた乳酸菌の入っている乳酸菌飲料やサプリメント等はとても効果があると言えるでしょう。
感染症の流行する時期にはシロタ株やプラズマ乳酸菌などの強い乳酸菌を多く取ることをお勧めします。

MENU